ホーム > 授乳中の服装について

最新情報

  |   助産院ブログ一覧   |  

授乳中の服装について

こんにちは助産師田口です。
すっかり秋らしい季節になりましたね。
そろそろ素足は終わりにして靴下やタイツで足元から冷えないよう気を付けて頂きたいと思います。

さて今回は授乳中の服装についてです。
一昔前だとジャンパースカートが主流でしたし、授乳服という言葉すらあまり聞かれませんでした。
最近ではたくさんのメーカーやブランドから機能的で素敵なマタニティウエアが出ていますね。
購入するのに迷ってしまう位豊富に種類があります。
私も二人の子供を母乳で育てたので、授乳服には大変お世話になりました。
購入する上で少しアドバイスさせて頂くとすれば

①妊娠中から産後まで長く使えるもの
②洗濯等の手入れが簡単なもの
③手頃な値段
④着回しのしやすいもの
⑤授乳のしやすいもの(カーディガンは重宝します、きつくなく、肌触りのいいもの)

①.③については妊娠出産はたくさんの費用がかかりますので、手頃で長く使えるものがいいと思います。
②については、授乳中はおっぱいや赤ちゃんのよだれ、吐き戻しなどでよく汚れますので自宅で洗えて手入れのしやすい物をお勧めします。
④は授乳は365日24時間休みなしですので、どんなシーンでも使いやすい物
⑤については、授乳口が外見からは分かりずらいけれども、大きく開くタイプがいいと思います。
産後は骨盤ベルトを締めたり、抱っこひもをすることが多いので、ボトムがパンツスタイルだとトイレが大変なことがあります。ワンピースですと1枚でコーディネートが完成しますし、自分に時間をかけられないママにぴったりです。
毛足の長いセーターやチクチクするものは赤ちゃん嫌がりますので避けた方がいいと思います。

授乳服と合わせて用意したいのは授乳ケープですね。
安価で機能的でかわいい物がたくさんあります。ストールなどで隠すこともできますが、授乳になれるまではあると便利です。これからは寒くなってきますので腹巻や、タートルネックなど身体を冷やさない様にすることも授乳を続けていく上で大切です。外来でもご相談いただけますし、周りの先輩ママのアドバイスやネットショップなども活用して快適でハッピーな授乳期間をお過ごしください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
白金高輪 海老根助産院
https://ebine-midwife-clinic.com/
住所:東京都港区高輪1-2-17 高輪梶ビル6F
TEL:03-5791-2591
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


  |   助産院ブログ一覧   |  


このページのトップへ